緑内障の病気について知ろう|早期発見で病気を予防

眼圧調整できていますか

目

緑内障は毛様体で作られた房水が上手にシュレム管から排出されずに起こるものや、病気や生まれつき眼圧が高く、隅角が閉塞している場合があります。治療にはレーザー手術により房水の排出を促したり、点眼薬により眼圧を下げる薬物療法を行います。

詳細を読む

自覚症状のない病気の発見

女性

緑内障は視神経が損傷を受けて視野が欠ける病気ですが、片方の目で視野を補うため発見が遅れがちです。定期的に眼科を受診して眼底検査を受けることにより、早期発見早期治療が可能になります。検査には他に眼圧検査、隅角検査、視野検査などがあります。

詳細を読む